シミはどうしてできる?

女性のお肌の悩みで、ベスト3に必ず入るのがシミです。赤ちゃんや子供の肌にはシミなんてないのに、歳を重ねるとどうしてシミが出来るのでしょうか。シミの対策をするためには、どうしてシミの出来るのかを知る必要があります。

 

シミの一番の原因は紫外線です。他にも摩擦や女性ホルモン、ストレスなどが原因となることもありますが、シミの最も大きな原因は紫外線といって良いでしょう。紫外線などで肌が刺激されると、メラノサイト内のチロシンにチロシナーゼという酵素が作用して、メラニンが生成されます。そしてメラニンが肌の奥に蓄積されていくと、シミになってしまうのです。

 

シミが1つあるだけで、お顔の印象はぐっと変わってしまいます。年齢よりも老けて見られたり、シミを隠すために厚化粧になってしまったり、シミは女性にとっては悩みのタネです。シミのない白い肌でしたら、ナチュラルメイクでも十分ですし、若々しく見られますよね。なにより、きれいな肌というのは女性にとっては自信につながります。女性ならば、シミのないきれいな肌はぜひ手に入れたいものでしょう。

シミにはハイドロキノン

一般的な美白成分は、じつは出来てしまったシミには効かないのです。厚生労働省から美白成分として認めているアルブチンやビタミンC誘導体、コウジ酸、トラネキサム酸、エラグ酸、プラセンタエキス、ルシノールなどがそうです。ビタミンC誘導体に関しては、出来てしまったシミに対する効果があるにはありますが、大きな効果は期待出来ないでしょう。

 

既にあるシミに効果が高いと言われているのは、ハイドロキノンです。ハイドロキノンは天然の成分で、肌の漂白剤とも呼ばれるくらい美白に高い効果があります。では、ハイドロキノンはどうして出来てしまったシミに効くのでしょうか。ハイドロキノンには、メラニンを薄くする還元作用があります。直接メラニンに働きかけるので、シミを薄くする効果があるのです。また、ハイドロキノンにはシミの予防効果もあります。ハイドロキノンは、メラニン生成に作用するチロシナーゼの活性を抑えます。さらにメラノサイトというメラニン生成細胞の活性も抑えるので、シミが出来にくくなるのです。

 

このようにハイドロキノンはシミ予防だけではなく、シミを消すのにもとても効果的です。シミを消すためには市販の一般的な美白化粧品ではなく、ハイドロキノン配合のクリームを使うのが良いのです。

ハイドロキノン配合クリームにはどんなものがあるのか

市販のハイドロキノン配合クリームには、ドラッグストアやデパートなど店頭で売っているものや、ネット通販のスキンケアブランドのものなどがあります。一般的に市販で売られているクリームのハイドロキノン含有率は1%未満〜4%、皮膚科で使うものは5%以上です。5%以上のものは刺激が強いので、医師の指導に従って使う必要があります。
では、市販のハイドロキノン配合クリームにはどんなものがあるのかをご紹介します。

 

・QuSomeホワイトクリーム1.9 (ビーグレン)
アメリカ発のブランドです。薬学博士ブライアン・ケラー氏のもと、研究開発されました。低刺激性と美白効果のスピードアップを目指して作られたクリームです。浸透テクノロジーQuSomeにより、ハイドロキノン配合率が低くても高い効果があります。公式サイトからのご購入になります。

 

・プラスナノHQ (プラスキレイ)
ハイドロキノン専門のスキンケアブランドで、医療機関などにも製品を提供しています。ハイドロキノン含有率が4%と、市販のクリームの中では高めです。ネット通販で購入することが出来ます。

 

・スキンフェイドクリーム (デルミサ)
アメリカのスキンケアブランドで、22ヶ国でベストセラーと人気の商品です。スキンフェイドクリームはハイドロキノン含油率が2%で、ビタミンCも配合されています。安定性の高いハイドロキノンを配合しているため、50gと多めに入っています。ドラッグストアで買うことが出来ます。

ハイドロキノンを使う上で気をつけること

シミには抜群の効果を発揮するのが、ハイドロキノンです。ただそれだけ強い成分でもあるので、使い方には注意が必要です。ハイドロキノンは、濃度が高くなるにつれ刺激が強くなります。肌の弱い方は、低濃度のものを使った方が良いでしょう。ハイドロキノンが5%以上含まれる美白化粧品では、肌が部分的に白くなってしまう白斑が出来てしまった事例があります。ハイドロキノン含有率が5%以上のものを使うときは、必ず医師の指導に従ってください。5%未満のものでは白斑の報告はありません。

 

またハイドロキノンは安定性が悪く、酸化しやすい成分です。ハイドロキノン配合の美白化粧品が、少量の容器になっているのはそのためです。使用期限はしっかりと守りましょう。

 

ハイドロキノン使用後の肌が紫外線に当たると、シミが濃くなることがあります。ハイドロキノンが肌についた状態で紫外線に当たる場合は、しっかりと紫外線対策をすることが必要ですが、安心なのは夜使用することです。朝はしっかりと洗顔をして洗い流してください。

 

ハイドロキノンのデメリットを知ると少し怖い気がするかもしれませんが、大切なのはキチンと正しい使い方をすることです。まず、含有率が5%以上のものは医師の指示のもとで使うこと、使用量、使用期限を守ること、基本的には夜使うこと、朝使う場合は紫外線対策を徹底することなどが大切です。

おすすめしたいのは低刺激のビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

ハイドロキノンは刺激が強いので注意が必要ですが、含有量が少ないものほど刺激も少なくなります。ハイドロキノン配合クリームを安心して使うためには、含有量が少なく、また安定性が高くて、刺激の少ないクリームを選ぶことも大切です。ただ美白効果は、ハイドロキノンが多いほど高くなります。

 

そこでご紹介したいのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。QuSomeホワイトクリーム1.9は、「浸透深度」という発想のもとに作られています。浸透テクノロジーのQuSomeで、ハイドロキノンがケアしたい部分に届く浸透深度をコントロールするのです。肌の表面だけをケアするのではなく、肌の奥のケアしたいシミにまで、しっかりとハイドロキノンが届きます。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノン含有量が1.9%と、高い方ではありません。しかし肌の奥までしっかりとハイドロキノンが届くので、4%含有のクリームと同等の効果があるのです。またQuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノン含有量を抑えているため、肌への刺激も少ないのです。さらにQuSomeのカプセルでハイドロキノンを包み込んでいるので安定性も高くなり、刺激が少なくなっています。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9を販売しているビーグレンは、アメリカの会社です。アメリカは美容先進国としても知られています。ビーグレンの製品は、ビーグレン最高研究開発責任者である薬学博士のブライアン・ケラー氏のもとで研究開発されています。

 

ビーグレンには365日24時間サポートのカスタマーセンターがありますから、商品について、発送状況についてなど、何かわからないことがあればいつでも問い合わせることが出来ます。お肌の悩みを相談できるのも、ビーグレンならではです。また、もしお肌に合わなかったり、効果が感じられなかった場合には、365日間返金保証もあるので安心です。こういったサービスも、ビーグレンが製品に自信を持っているからこそでしょう。1品からでも送料が無料なのも、嬉しいサービスです。

 

ビーグレンにはお得なトライアルセットが8種類あります。シミや色素沈着が気になる方には、ホワイトケア・トライアルセットをおすすめします。QuSomeホワイトクリーム1.9はもちろん、洗顔料からクリームまで5種類の基礎化粧品が入っていてトータルケアが出来ます。シミやくすみのない白い肌を目指して、あなたもビーグレンでホワイトニングケアをはじめてみませんか。